治療記録 原因不明の目のできもの

治療記録

歯が抜けた後に始まった目の異変

18歳を過ぎ出てきた鼻づまりの症状。薬を飲んでも良くならず鼻まで腫れてしまったくろじい。しばらく病院に通い、原因が歯の炎症からきているのではとのことでグラグラしている歯を抜歯したところ鼻の腫れはひいてきました。鼻づまりは変わらず続いてたものの鼻水を溶かす効果のある薬を飲み体調は安定していたのですが…今度は目が腫れてる?!歯が抜けた後に起こった目の腫れについてまとめました。

病院での処置

鼻づまりは続いていたものの食欲が落ちることもなく血液検査の結果も安定していたくろじい。しかし今度は目を気にしてこするように。目が少し腫れてしまっているような感じなので病院で診てもらうことにしました。診てもらった結果は結膜炎ではないかとのこと。出血もあるのでそこから感染症にならないようにと目薬を処方してもらい、少し様子をみることに。どうか腫れがひきますように。

    

目の治療経過

病院から処方された目薬を1日2回点眼し様子をみていましたが腫れはなかなかよくなりません。食欲はあるのでいいのですがみていてとても痛々しい…。再び病院で診てもらうことに。初見では結膜炎とのことでしたが目薬で良くならず腫れが大きくなり目頭にできもののように大きくなっている…。改めて診てもらったところ高齢で免疫力が下がっているためできものができてしまったのではないかとのこと。治療法を聞いたところ切ってしまえば一番いいらしいのですがくろじいは高齢なので麻酔して手術することはできない…これ以上できものが大きくならないように薬で現状維持するしかないようです。

処方された薬について

ロメワン

病院で処方されたのがロメワンというお薬。抗生物質で抗菌作用があるそうです。くろじいの場合結膜炎ではないようですが出血、腫れがあるため感染症の心配があるので抗生物質を処方されました。1年以上使用してみて結局目のできものの大きさは小さくなりませんでしたが最期まで感染症にはならなかったのでくろじいにはある程度効果はあったのかなと思います。

これのおかげで最後まで感染症にならないで済んだのかな?

費用と効果

ロメワンは5mlで1100円。1回1、2滴。1カ月ほど持ちました。これで感染症が抑えられるのであればお安いのかなと。くろじいの場合、点眼した感じだとさほど浸みる様子はなく大人しく点眼させてくれました。これで目のできものも小さくなってくれればよかったのですが最期まで小さくなることはありませんでした…。できもの治療というよりは感染症予防のために続けていたように思います。

左目が腫れてもイケメンな当時21歳4か月と27日のくろじい。

まとめ

くろじい
くろじい

薬を飲んで体調は比較的安定していたけど今度は目にできものができてしまった…。高齢になると免疫力が下がるからできものができやすくなっているのかもしれない。麻酔ができないから手術で切除することは不可能。薬でこれ以上大きくならないようにするしかなかったんだ。病院で処方された目薬でできものが小さくなることはなっかたけど感染症予防のために毎日点眼していたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました