高齢猫の便秘について

寝転んでいる黒猫便秘

シニア期に入り出てきた便秘の症状

5歳のときに尿路結石になって以来病気という病気はした事がないくろじい。病院は年に一度健康診断に行くくらい。そんな元気なくろじいもシニア期を迎えたあたりから便通の状態があまりよくありませんでした。今回はくろじいの便秘についてまとめました。

トイレ

トイレ帰りですっきりしたかな?当時21歳5カ月と3日のくろじい。

高齢猫の便秘

高齢猫は運動不足や筋力の低下などが原因で便秘になりやすいといわれています。また慢性腎臓病の場合、おしっこの量が多くなるため脱水しやすく、便の水分量も減るため便秘になることが多いようです。くろじいも晩年は便秘で苦しんでいました。トイレでいきんで吐いてしまう事も。しかも頑張ってうんちが出せてもコロコロしたのがちょっとだけ…。慢性腎臓病で脱水気味のくろじいが便秘で吐いてしまうと脱水がひどくなってしまいます。いきんでもどうしても出ないときには病院に駆け込んで搔き出してもらうことも。(お尻に指を突っ込まれたらしく大分嫌がって鳴いていました…)

便秘の治療

ラクツロースシロップ

便秘の治療としてくろじいが病院から処方されたのがラクツロースシロップです。便を柔らかくする効果があるとのこと。舐めてみると甘いので人間用のオリゴ糖と同じような感じでしょうか。形状は液体でシロップなので少しベタベタする感じ。シロップで甘いからかフードやちゅーる系のおやつに混ぜても問題なく食べてくれました。実感としてこのシロップを飲むようになってからは便が柔らかくなったように思います。量が多いと下痢してしまうので便の状態をみて微調整していました。

VercureBow(ヴェルキュアバウ)

VercureBow(ヴェルキュアバウ)は病院で勧められたサプリです。ラクツロースシロップと同じく便を柔らかくする効果があるとのこと。原材料はかぼちゃ、ブロッコリー、水溶性食物繊維、にんじん、デキストリン、しいたけ、酪農菌。形状はパウダー状で緑色。青汁のような感じです。水に溶けやすいので溶かして飲ませるか、フードにかけてもいいと思います。くろじいはフードにかけると食べないので水に溶かしてシリンジで直接飲ませていました。ラクツロースシロップも併用しているので単品での効果がいまいちわかりませんが入っている成分が良いので補助的な感じで飲ませていました。

まとめ

くろじい
くろじい

猫はシニア期に入ると運動不足や筋力不足、慢性腎臓病の影響もあって便秘になりやすい。頑張ってもうんちが出ないときには病院で掻き出してもらうこともできるけど僕にとってはストレスが大きかったんだ。

便が硬いと便秘になってしまうから便を柔らかくする効果のある薬やサプリを普段から摂って腸内環境を整えよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました